大下容子の名言 あえて「凪」を作る

今日の名言
スポンサーリンク

大下容子の名言

あえて「凪」を作る
あえて『凪』を作ると自分が本当にやりたいことがムクムクと自然に湧き上がってくるような気がして。
引用元:8760(ハチナナロクマル)

「大下容子」とは?

大下 容子(おおした ようこ、1970年5月16日 - )は、テレビ朝日のエグゼクティブアナウンサー(役員待遇)

生い立ち、教育、学生時代の活動
内科の医師を父に広島県広島市南区で誕生。実家は内科医院を営んでいる(兄がおり、その兄も後に医師となった)。
広島大学附属小学校、中学校、高等学校を卒業。慶應義塾大学法学部法律学科へ進学。宮島ゼミで会社法を学ぶ。同大学同学部 卒業。
中学・高校時代はバレーボール部で活動。また同級生と女子バンド活動。大学時代はテニスサークルで活動。

職務経歴
1993年に、テレビ朝日へアナウンサー枠で入社。当初は主に、スポーツキャスターとして活動。初めてのレギュラー番組も『Jリーグ A GOGO!!』(Jリーグ関連の情報番組)であった。
1990年代の後半以降は、情報番組やバラエティ系の特別番組で司会や進行役を務めることが多い(以下で解説)。
1996年10月より、『ステーションEYE』のキャスターを担当(~1997年3月)。
1997年4月より、『SPORTS SPOTTERS』のキャスターを担当(~1998年3月)。
1998年4月より、『GET SPORTS』のキャスターを担当(~9月)。
1998年10月より、『ワイド!スクランブル』(以下、『ワイスク』)の女性メインキャスターを担当し、男性メインキャスター(大和田獏→寺崎貴司→橋本大二郎)のサポート役を担う(~2019年9月)。
2002年1月より、『SmaSTATION!!』(土曜夜間の生放送番組)でもサブMC(メインMCの香取慎吾のパートナー役)として出演(~2017年9月)。この時期、『ワイスク』のサブキャスターと兼任であったため、「週に6日生放送番組にレギュラーで出演」という民放キー局のアナウンサーとしては異例のハードスケジュールをこなす。さらに2004年にはサッカーアジアカップ2004決勝(日本対中国戦)の現地リポーターとして北京へ赴いた。
2019年4月1日(月曜日)放送分から、ワイドスクランブルの番組名が、大下の名を冠した冠番組『大下容子ワイド!スクランブル』として再スタートを切る。 2018年10月より、同番組のメインキャスターへ昇格し(男性メインキャスターは後輩の小松靖で、こちらがサポート役となる)、大下が名実ともにメインキャスターとなった。
『ワイド!スクランブル以外』にも、出演多数。
2020年6月26日付で、役員待遇のエグゼクティブアナウンサーへ昇進。
昇進後も、テレビ朝日における現職最年長の女性アナウンサーとして、冠番組『大下容子ワイド!スクランブル』や特別番組への出演を続けている。
引用元:Wikipedia

管理人より
素敵な言葉は素敵な人生をつくる。これまでの嫌な気持ちも、素敵な言葉のシャワーを浴びれば、気持ちよく流せると思います。辛い言葉ばかりを掛けられてきた方に、素敵な言葉のシャワーを毎日浴びてもらいたい。行動も、言葉も、食べ物も、あなたの身体にとって「健康的」なものに変えていきましょう。

※著作権者の皆様へ
当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、至らない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。

タイトルとURLをコピーしました