トニオ・トラサルディーの名言 これは自慢ではありません。誇りなのです。

今日の名言
スポンサーリンク

トニオ・トラサルディーの名言

これは自慢ではありません。誇りなのです。
引用元:『ジョジョの奇妙な冒険』第4部「ダイヤモンドは砕けない」

「トニオ・トラサルディー」とは?

『ジョジョの奇妙な冒険』第4部「ダイヤモンドは砕けない」に登場するキャラクター。
イタリア人のスタンド使い。

杜王町でオーナーシェフとして、イタリア料理店「トラサルディー」を一人で営んでいる。物腰も柔らかく、至って温厚で善良な性格だが、怒ると振り向きざまに包丁を投げつけるくらい怖い。味見係として、子犬を一匹飼っている。職業柄、衛生には人一倍気を遣う。
生まれつきのスタンド使いらしく、料理修行の旅に出ている際に自分の能力に気付いたらしい。
故郷であるイタリアの料理界では、若造というだけで認めてもらえなかった為、競争が激しいぶん自由があり、異国の料理も広く受け入れられる寛容さがある日本にチャンスを求めてやって来た。杜王町に店を出したのは、海の幸・山の幸を問わず新鮮かつ多様な食材を手に入れやすいからとのこと。彼個人としても日本の杜王町を「素晴らしい所」と大変気に入っている様子。
一方で祖国イタリアの歴史と食文化にも誇りを持っており、そのことから一部の食通にウケるような高級料理や特殊な料理ではなく、素材の味を活かしイタリア人の生活に長年密着して培われてきた庶民的な料理を出すことをポリシーとしている。
実際に彼が作る料理はイタリア料理としては至極ありふれたものばかりだがとてつもなく美味しく、お坊ちゃん育ちで味にうるさい億泰の舌を完璧にうならせた。後述のスタンド能力は、あくまで治癒効果をもたらすだけで、料理の味は彼自身の腕前によるものである。
引用元:ピクシブ百科事典

管理人より
素敵な言葉は素敵な人生をつくる。これまでの嫌な気持ちも、素敵な言葉のシャワーを浴びれば、気持ちよく流せると思います。辛い言葉ばかりを掛けられてきた方に、素敵な言葉のシャワーを毎日浴びてもらいたい。行動も、言葉も、食べ物も、あなたの身体にとって「健康的」なものに変えていきましょう。

※著作権者の皆様へ
当サイトでは著者の方をはじめ、著作権者の皆様の尊厳や利益を損なわぬよう、著作権者の皆様への敬意を込めたサイト運営を心がけております。しかしながら、至らない点があり、著作権者の皆様の不利益に繋がるような記述・表記・掲載がございましたら速やかに対応させていただきますので、お手数お掛けしますがこちらのメールフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。

タイトルとURLをコピーしました